おそらくは邪道にもほどがあるスピーカー構造作った

これまでサブウーファーといったサテライトスピーカーで構成された
2.1chのパソコンスピーカー体系を愛用してきましたが、
壊れたとかはありませんが些か飽きてきました。
BASSの監視を0にすれば実感できるんですが
サテライトスピーカー単体のメロディーがあまりやばいんですよね。
ウーファーが一緒に鳴ってれば別に被害のある声もないですが。

でサテライトスピーカーのリンケージが表現とも
RCA端子です事で些か思いつきました。
表現のサテライトだけ買い替えできないかな?と。
こういうスピーカー体系はアンプが組み込まれた活発スピーカーですが
アンプがあるのはウーファー所のみで、
サテライト単体はアンプ無しのパッシブスピーカーという品なのです。

ただしこの世にはRCAリンケージのパッシブスピーカーなどという物は
売っておらず、RCA⇔行く末パラのケーブルも順当オーディオ向けスピーカーって
一緒に購入するのが良いというまとめに至りました。
なので目を付けたのが、YAMAHAの表現一組で安いリア向けスピーカー。
基本的に近くで聴くパソコン役目の場合オーディオと比べ威力は低くて厳しく
ちっちゃなリア向けも十分なのです、と推定。

手元に届いたそれをセッティングしてミュージックを鳴らした実績、
自分の推定は完全に万々歳だったという満足を
チラホラ格上げしたミュージックと共に得られました。
とりあえず今回のパターンアンプサイドといったスピーカーサイドのインピーダンスが
たまたま合ってたとか幸運な運もあるんですけどね。

オーディオ下僕の方々に怒られそうなので、このへんで。こちらを読んでみましたか?